簡単!クロスバイクのブルホーン化!!

Pocket

 

bullhorn-bars-bamboo-167371-o

クロスバイクのブルホーン化!!結構、興味ある人が多いみたいですね。

念のためですが、上の画像みたいなものを、目指すわけではないですよ~

ブルホーン化は、いろいろな方が記事にされていて、自分なんかが、いまさらって感じなんでが、

そこは置いといてもらって、進めていってしまします!m(__)m

 

ブルホーン化!メリット、デメリット

あくまで個人的なものですが、参考になれば~

メリット

クロスバイクに最初からついているハンドルは、フラットバーと呼ばれるもので、握る場所が限られるので長時間乗っていると手が疲れてきます。ブルホーンにすることで、握り位置の選択肢が増えるので、疲れづらいです。

しかしですね~握る位置とかは下のようなバーエンドで解決できてしまう!!

しかも、簡単に!!

それでも、ブルホーン化にする理由!それは!!

なんつっても~

見た目が、かっちょえ~ヽ( ´¬`)ノ

これにつきると思いますが、みなさんはどうなんでしょうか??

デメリット

思い当たるデメリットといえば、

お金と時間を消費するくらいのものでしょうか??

ブルホーン化の方法

%e3%83%96%e3%83%ab%e3%83%9b%e3%83%bc%e3%83%b3

画像が暗くてすみません。

ビアンキ「カメレオンテ」にブルホーンを付けると、こんなカンジになります。

最初に

ブルホーンハンドル自体は、買うなり、貰うなりして調達されると思いますが、ブルホーンハンドルはロードバイク用のものが多いみたい。

一般的に、ロードバイク用(握り径23.8mm)のものは、クロスバイク(握り径22.2mm)のものに比べて太くなっているもので、いままでフラットバーについていた、ブレーキやシフター等がはいりません!

クロスバイク用も売っていますので、お金をかけたくない方は、そちらがおすすめ!

ちなみに自分の2013カメレオンテ4のハンドルはクランプ径(ハンドルの真ん中)31.8mm。

そして、購入したハンドルはクロスバイク対応のもので、クランプ径、握り径(22.2mm、25.4mm)

 

なにがなんでも STI

「STI」とは、シマノのブレーキとシフターが一緒になってる優れもの!!

自分も多少は頭をよぎりましたが、予算もかかるうえに、面倒そう。

一番の問題が、STI だと ブレーキがかかるトコまで引けない!らしい!!

なので、ブレーキを交換しなくては、なりません!

このブレーキだと、いけるらしい!レビューが参考になったりします。

このほかにも、現在のクロスバイクの構成により、スプロケやディレーラーが必要になる場合もあるでしょう。

この方法だと、STIのブラケットが、結構主張したカンジになり、レバーの位置も遠くになります。

 

エアロブレーキを使用するスタイル

 

ブルホーンに下のようなパーツを組み合わせる。

 

パワーラチェット(Non-index) レバーを操作するときに「カチッ」と位置決めされていないため

変速の調整が容易!!

ブルホーンの先、エアロブレーキ付近に設置することで、シフター、ブレーキが近いので、操作に安心感があります。

バーエンドコントロールを使用したスタイル

簡単に、お安く!!しかも、カッコイイ!!

てな事で、自分が「カメレオンテ4」に実際に行った方法です~

購入したものは~

カメレオンテ4の既存のステムが31.8mmでブルホーンが25.4mmのために、これが必要!

の2点~

作業のうえでのコツ~

とりあえず 既存のハンドルについているものを、とっぱらいましょう!!

それから~ハンドル外して、ブルホーンにするわけなんですが、ブルホーンに外したシフター、ブレーキを取り付けなくてはならないわけですが、

ブルホーンって曲がってるもんで、そこを通すときに苦労するとおもいます!

自分は、食器用の中性洗剤を塗りたくって、うまくいきました!!

ハンドル径が小さいので、バーテープは、厚手のものを選ぶか2重に巻くことを、おすすめします。

この方法のメリット

ブルホーンの先にブレーキやシフターをつけるパターンと違い、ポジションがほぼ変わらない!!

先に紹介したパターンは、ブレーキなどが遠くなるため、交換まえより前傾した体制になります。

交換パーツが少ないので安価。

関連記事:クロスバイクをブルホーン化!!について思う事~

関連記事:クロスバイクをブルホーン化!!シマノ105でキメる☆

2017/06/20 追記

コラムにシフターを取り付けるスタイル!!

 

ハンドル周りがスッキリしそう!!

これに、お好きなブルホーンハンドル、ブレーキを組み合わせるのもいいですね!!

最後に

なんだかんだ言っても、

ひとそれぞれ、好みがあると思うので、自分がやりたいように、やるのが一番かと('0ノ'*)

パーツ選択の時には、くれぐれも サイズを確認してください!!

パーツ選択などに、悩む時間は、幸せは時間ではないでしょうか???

「ブルホーン化」 に少しでも参考になったなら、うれしい限りです!

それでは、安全に楽しい自転車ライフを!最後まで有難うございました!

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です