これは、快適!!カーボンハンドル!!

Pocket

 

dscn4815

「3T-ErgoNova Team」というカーボンハンドルに交換してみました。

デザインが気に入っていて、ヤフーオークション見てたら、

たまたま欲しいサイズが出品してあったので即決購入~

dscn4816

裏にはアウターチューブ用であろう溝があります。

では、さっそく

ハンドル交換

まづは、既存のハンドルを外すのに、バーテープを取り去り

ハンドルについているパーツを取り外します。

dscn4821

ブラケットのカバーをめくりアーレンキーで、ボルトを緩め、コントローラーを外します。

ほか、ライト、サイコンなど付いているものを取り外します。

img_20161013_184452

次にステムの4本のボルトを緩めればハンドルは取れます。

img_20161013_182902

完成車についていたドロップハンドル。

軽量

せっかくなので、一応重さをはかってみました。

dscn4822

最初についていたドロップハンドルが、約318グラムです。

dscn4823

そして「3T」。なんと 222グラム!!

100グラム近くも軽いではないですか!、得も言われぬ、満足気分が押し寄せます~

はやく付けたくて仕方ないのに

軽量して画像まで残した自分….!ゞ( ̄ー ̄ )イイッテバ、ホメナクテ

それでは、装着してみます。

取り外しの逆の手順でおこないます。

img_20161009_101726

バーテープは、試しに買ってレビューしようと思った激安バーテープ

半年以上使ってるけど、汚れ以外特に問題なし。ま、そんな乗らないしね( ̄∇ ̄*)ゞ

交換してみて

img_20161013_190557

正面からみて、レバーが外にでています。そのためか操作がしやすくなったように感じます。

それに、さすがカーボンというべきか、振動の吸収がすばらしいです。

アルミの付属していたハンドルだと路面のギャップが

「ガガガガ」

というカンジに対し

カーボンハンドルは

「こここここ」

といううカンジです!!すみません!わかりずらいですよねm(-_-)m スマヌ

ロングライドで威力を発揮しそうな感じです。シロート考えですが~

フラットバーも!!

こうなると、クロスバイクのハンドルもカーボンにしたくなってくるわけで。

気になる商品を見つけてしましました!!

一万円以上は当たり前のカーボンハンドルですが、
このハンドルはお求め安くなっています!
カメレオンテに装着したい!!そして自転車通勤をより楽しみたいです!

最後に

カーボンハンドル。ちょっとお値段、お高めですが、軽量化、快適さを手に入れられるアイテムです。まだ体験されていないアナタ!いそいで~ヾ(*ΦωΦ)ノ ヒャッホゥ

それでは、安全に楽しい自転車ライフを!最後まで有難うございました!

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)