オシャレ☆アウターチューブ交換!!

Pocket

img_20151102_180017

今回は、わりと安価にでき、かつ、おしゃれになる、アウターチューブの交換です。

作業自体は、少し面倒かも!しかし、やる気でカバーできる範囲です!

クロスバイクのアウターチューブを白から赤にしてみました。

元の画像が見当たらないので、比較できませんね(;^_^A

img_20161014_190252

最初についていたアウターチューブ。想像して比較してくださいm(-_-)m

アウターチューブの色ががわくだけでも、自転車の印象がかわり、さらに愛車に愛着がわきます!と思います..

アウターチューブ交換

交換まえに!! 交換後、ディレーラー、ブレーキの調整が必要になります!!

アウターチューブには、ブレーキ用のものとシフトのものとあります、ブレーキの方が、太くなってます。安全面からでしょう。

アウターを変えるさいに、インナーワイヤーも交換します。今、ついているインナーワイヤーは、先の方とかボルトで締めてワイヤーが変形してるので、アウターチューブに通しづらいです。

今回の作業で主に必要なもの

まづは、各ワイヤー類をとりはずします。

カッターでインナーワイヤーをバシバシきっていきます!!

img_20161016_192555

そして、ワイヤーを固定しているボルトをゆるめます。

img_20161016_192121

各所、こんな感じではずしていきます。はずしたブレーキアウターとシフトアウターはわかるように、わけておいておきます。太さが違うんで、どちらがどちらかは、わかるんですが、わけて置いといた方が作業効率も」高く、間違いが少ないです。

新しいアウターチューブを切る

img_20161016_193632

取り外したものと同じ長さにきります。

シフトとブレーキ、まちがわないで!!

img_20161014_191031

カッターで切った断面は、荒くつぶれていたりするので、切断面をきれいにします!

img_20161014_191816

img_20161014_191454

ブレーキアウター、シフトアウターができあがりましたね。

新しいアウターチューブを取り付ける

インナーワイヤーを通す前に、アウターチューブに中にシリコンスプレーを吹き入れました。

img_20161017_040633

そして、アウターチューブにアウターキャップをつければ、下準備完了。

あとは、元通りに、取り付けていきます。

そこで、ちょっとコツ??がいるのがブレーキ、ディレーラーの調整。

リアディレイラーの調整

フロントディレイラーの調整

この方の動画が、よくできていてわかりやすいので、参考にしてみてください。

愛車の保護に!!

最後に

ポイントは??

  • アウターチューブの切り口の処理
  • ブレーキ、ディレーラーのワイヤー張り
  • そして、調整

ちょっとだけ、難易度がたかい作業かもしれませんが、完成すれば、前より、もっとオシャレになったアナタの自転車がアナタの前に!

それでは、安全に楽しい自転車ライフを!最後まで有難うございました!

 

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)