使える!!携帯用ポンプ「GIYO GM-71」仏式・米式

Pocket

img_20161030_105839

これが、普段ロードバイクのシートステーにつけてある携帯用のポンプです。

購入した理由

この前に使っていたのが、もっと小さい携帯用のポンプでした。

img_20161030_113716

img_20161030_110148

実際に空気を入れるときには、こんなカンジになります。

本体から、ホースが伸びる仕組みになっており、そのホースのおかげで、バルブに装着しやすく、空気もいれやすくなってます。

img_20161030_110219

空気圧計付き!!

正確に測るのは、難しいかもしれませんが、パンク修理で空気を入れるさいには、大変参考になります。

本体にスタンドもついているので、フロアポンプのように、足で本体を抑え上から力をかけて空気をいれる事ができます。

その際は、前かがみな体制になるのですが、そこは、我慢です。

クロスバイクやロードバイクは、大抵バルブが仏式。このポンプは米式にも対応します。

米式と仏式

このポンプ、最初に届いたときには米式仕様でとどきました。

img_20161030_110321

米式

img_20161030_111118

指でまわして簡単にとることができました。

img_20161030_110501

次に、なかにある部品を取り出します。自分は耳かきを使って取り出しました。

img_20161030_110726

すると、こんなカンジの部品がでてきます。

左の部品は、二つにわかれます。

img_20161030_110742

そして、この分解した二つの部品を両方とも逆にすれば仏式になります。

img_20161030_111022

米式

img_20161030_110940

仏式

そして、キャップをしめて、完成になります。

最後に

フロアポンプを所有せず、このポンプだけで、タイヤに空気をいれてる方もいるくらい!!

もちろん、フロアポンプの方が入れやすいですが、この携帯性でこの機能。

そして、なによりコストパフォーマンス!!携帯ポンプを探しているアナタ!参考にしてみてください。

それでは、安全に楽しい自転車ライフを!最後まで有難うございました!

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です