走りが変わる!!タイヤ交換!!

Pocket

dscn47901

クロスバイクや入門ロードバイクなどは、最初ついてくるタイヤが、ちょっとイマイチなものが多い傾向。

画像のタイヤは、今、自分が使っているもので、このシリーズの「PRO4]が発売されて、Amazonで安く売っていたので、即購入。

ホイール交換にばかり目が行きがちですが、タイヤをちょっといいものにするだけでも、かなりかわります。

高価なホイールを買う前に、タイヤをとりあえず変えてみるのも、選択肢のひとつでしょう。

参考記事:確実に速くなる!!自転車 ホイール交換!!

ホイールとタイヤを一緒に買ってしまうと、タイヤを変えた効果がわかりずらい。先にタイヤだけ交換して走っていれば、ホイールを交換した際に、ホイール自体の性能の差に気が付く事ができますよ。

タイヤの種類

ロードバイク、クロスバイクのタイヤには「クリンチャー」「チューブレス」「チューブラー」などとタイプがあって、それぞれの特徴があります。

用途、目的は?ホイールがそのタイヤに対応したものか?を考慮して選んでください。

クリンチャー

%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%b3%e3%83%81%e3%83%a3%e3%83%bc出典:cycle bass asahi

現在、もっとも一般的でタイヤで、多くでまわっているタイプのも。ママチャリなんかは、このタイプ。「WO」と表記されることもあります。タイヤとチューブは別々になっています。パンクの際に、チューブ交換なり、パンク修理などして、慣れも多少必要ですが、割と簡単に対処できます。

チューブラー

%e3%83%81%e3%83%a5%e3%83%bc%e3%83%96%e3%83%a9%e3%83%bc

出典:cycle bass asahi

タイヤの中にチューブが縫いこんであるタイプ。ロードレース、トラックレース競技において多く使用される。取り付けに、リムセメントというノリが必要になります。パンク修理には、かなりの手間がかかり、装着にも手間がかかるので、普段のロングライドで使用するには、リスクが高いかも。上級者向け。

チューブレス

corsa-speed_tubuless

出典:Vittoria Japan

自動車のタイヤのほとんどがこのタイプ。特徴として、パンクしても空気がすぐに抜けないので、クリンチャーに比べ走行中のパンクの際、空気があっという間に抜けてしまうクリンチャーだとホイールを傷つける可能性が大きいが、チューブレスだと、ゆっくりと空気が抜けていくので、そのリスクが軽減されます。

構造上転がり性能が高い!!乗り心地もマイルドかと。チューブがないために、リム打ちパンクのリスクがないため、パンクしにくいタイヤといえるでしょう。

チューブラークリンチャー

クリンチャーリムにはめる事ができる、チューブラー。

タイヤサイズ

外径

ロードバイク、クロスバイクのタイヤサイズは「700c」というものが一般的で、この「700c」とは、タイヤのビードの長さ(622mm)。

太さ

クロスバイク、ロードバイクでは、23c~28cのタイヤが一般的になるとおもいますが、これが太さをあらわしてます。単位はミリで、「23c」なら太さが「23ミリ」といううことです。

数字が大きくなるほど、路面からのギャップを吸収しやすくなるので乗り心地がよくなる半面、路面との接地面積が大きくなるので、それが抵抗なり、23cより28cの方が重くかんじられます。自分は、この中間の25cを愛用いている時期がありました。

タイヤサイズが太くなると、フレームによっては、干渉するので注意が必要。

おすすめ クリンチャータイヤ 6選!

今回は、自転車のタイヤとして一般的で多くでまわる、クリンチャータイヤをピックアップ。

パナレーサー
Closer Plus

クロスバイクに装着して、一年以上乗っていました。好印象。通勤に使用。

RACE A EVO3[ALL AROUND]

リチオン 2

コスパ。グリップ力。通勤、通学に

フラッグシップ。値段は張りますが、満足度も高い。

ビットリア
ルビノプロ3

耐久性。

ウルトラスポーツ

dscn47931

201gでした。参考までに

 

最後に

各メーカー、モデルごとに特徴があります。自分の目的にあったタイヤを選びましょう。

タイヤの空気圧によっても、乗り心地や走りがかわってきます。適正範囲内で調整してみてください。

それでは、安全に楽しい自転車ライフを!最後まで有難うございました!

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です