ペダルを回して、脂肪を燃やせ!!

Pocket

636e6a032a0238a8071bd4133434c371_s

これをご覧のアナタ!!ペダル回していますか??

今回は、ダイエット関連~

自転車運動

有酸素運動

ジョギングやウォーキング、水泳などと並ぶ代表的な有酸素運動です。

有酸素運動とは、低負荷から中負荷の持続性のある運動で、体内に酸素を取り込み脂肪を燃焼させ、その際にできた物質をエネルギーとして行うものです。

ポイントは、「脂肪を燃焼」といううところですよ~。

有酸素運動とダイエット

有酸素運動は、ダイエットには非常に効果的です!!それは、アナタも周知の事実!

鍵になるのが、継続ですよね??気軽に始められる、ウォーキング、ジョギングなど、三日坊主になってしまったんじゃ??

ダイエットの基本は継続です!!

ダイエットの基本は継続です!!

ダイエットの基本は継続です!!

3回言っときます!!それほど継続は、ダイエットに不可欠な要素!!

よく、広告でみかける「~~~するだけで、1ヶ月で~㌔痩せた!!」 みたいなやつも、継続しないと効果があらわれないものが大半です。ダイエットに近道はないんですよ~

ここまでいうと、きっと、違うサイトへ行かれる方が、大半な気がする~(^-^;

誰だって、楽に痩せたいですもんね~。そこで、登場するのが 自転車運動です!!

9e833d585594431fb21981cb1ba4e614_s

なぜダイエットに自転車なのか??

自分は、たまにジョギングもするのですが、自転車にくらべ、ジョギングの方が運動強度が高く、同じ時間の運動なら、ジョギングの方が脂肪をより多く燃焼させる事ができます。

ここで問題になってくるのが「継続」といううキーワード。運動強度の高いものは、ケガをしやすい傾向にあります。

ジョギングなど、連続ジャンプ運動をしているようなものなので、膝に大きな負担がかかります。

ましてや、これからダイエットをしようとしてるアナタは、体重がちょっぴり重めなのでは??その状態で、ジョギングなんか突然はじめたりすれば、膝への負担は、相当なものとなります。

ところが、自転車運動は、膝への負担がジョギングにくらべ、うんと軽い。結果、運動を長い時間行う事ができます。

ジョギングの方が自転車にくらべ、日々同じ時間運動していったなら、短期間でダイエット効果が現れるでしょう。

ただ、ジョギングの方が膝など故障しやすいので、長い目でみるなら、自転車運動の方が継続できるのでは、ないでしょうか。

8355b1e299937efb57fea4480d609f80_s

ダイエット効果の高い自転車の乗り方

自転車に乗っても、すぐに疲れてしまうようでは、短時間の運動におわってしまします。長く乗り続けダイエット効果をあげるには、効率的な乗り方を身に着けて、長く自転車運動を続けられるようになる事が望ましいです。

サドルの位置

サドルの位置は、あまり低くして乗っていると、足に負担がかかりやすいので疲れやすくなります。

スポーツタイプの自転車、クロスバイク、ロードバイクなどで、よくいわれるサドルの位置は、

サドルに跨り、ペダルに踵をのせて、下死点までおろした時に、かるく膝が曲がっている状態が目安になります。

ママチャリだと、そこまで、サドルをあげる事ができないかもしれませんが、なるべくサドルをあげて乗ってみましょう。足の疲れ方が違います。

ペダルの踏み方

ママチャリの愛称でしたしまれているシティーサイクルを乗られてる方の大半が、ペダルに土踏まずを乗せています。土踏まずでペダルを踏んでも効率的に力をかける事ができません。そのため長時間乗り続ける事が、困難となります。

ペダルに乗せるのは、足の付け根(母指球)あたり。

一般の方で数多くいらっしゃるのが、ペダルに負荷をかけている足と反対がわの足には過重が残ったままになっている状態の人。

この状態だと、せっかくペダルを踏んで、前に進もうとしているのに、反対側の足の負荷が抜けていないために、効率よく、前に進むことができなくなります。

イメージは、太ももでリフティング、自分の足が二気筒エンジン。

そんなふうに意識しながら自転車にのると、かなりペダルがかるくなるはず!!

最後に

効率的な自転車の乗り方をマスターし、どんどん脂肪を燃やしてしまいましょう!!

自転車運動には、足の引き締め効果も期待できます。それを意識する事で効果はあがるでしょう。

それでは、安全に楽しい自転車ライフを!最後まで有難うございました!

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です