ロードバイクとクロスバイク。ブレーキの違いで決める。

Pocket

bianchi-lupo-cantilever-8700358-l

上の画像は「カンチブレーキ」と呼ばれるもので、制動力の問題や、調整の問題などで、現在では、あまり採用されなくなったもの。

今現在一般的に、ロードバイクには「キャリパーブレーキ」。クロスバイクには「Vブレーキ」が採用されたものが現在では多くを占めています。

実際、自分のロードバイク、クロスバイクのブレーキもそのように、なっていて、それぞれの特徴があります。

キャリパーブレーキ

2016-11-24-11-35-52

キャリパーブレーキ

多くのロードバイクで採用されているブレーキです。

Vブレーキに比べると、本体リーチが短いため、効きは良くないですが、なめらかです。

Vブレーキ

Vブレーキ

多くのクロスバイクに採用されています。

キャリパーに比べると、かなり効きがいいかんじです。

コントロールには微妙な力加減がいります。急に力をいれると「カツンッ」と効いてくるイメージ。

ロックしやすいと言えます。

なぜに、ロードにキャリパーブレーキ??

Vブレーキの方が、効きがいいです。少ない力で効きます。実際乗ってみて、ブレーキの感じが全く違うことを体感してます。

ロードバイクにVブレーキが採用されないのは

  • 微妙なスピードのコントロールがキャリパーの方がしやすい?
  • 制動時に、フレームに負荷がかかる?
  • 重量。キャリパーの方がコンパクト。

そのあたりが要因だと思われます。

高速で巡行するロードバイクは、軽量に作られています。キャリパーブレーキはコンパクト軽量。コントロールのしやすさが、採用される要因かと。

軽量に作られたフレームは、マウンテンバイクほどの剛性は、やはりないので、Vブレーキのように「カツンッ」ときいてしまうと、フレームにも負担がかかってくるはず。

どっちがいいの??

これは、アナタ自身の使用用途によるところです。と冷たい言い方になっていまいまいましたm(__)m

街のりなら、ストップ&ゴーが多くなりますので、Vブレーキの方が操作しやすし、効くカンジも自分は好みです。

ロードバイクで、サイクリングに出かけているときは、Vブレーキのような制動力を求める事は、ほぼないです。

スポーツバイクを購入するにあたり、「クロスバイク」か「ロードバイク」か悩まれている方は、ブレーキの違いも選定する要素の一つになりえるでしょう。

関連記事:最初に買うのは、クロスバイクかロードバイクか??

最後に

簡単になりましたが、今日はこれで、おしまい。

それでは、安全に楽しい自転車ライフを!最後まで有難うございました!

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)