カッコイイ☆SELLE SMP composito カーボンレール

Pocket


ひょんな事から、ロードバイクのサドルを交換する事になりました。

「kuota kryon」に、最初についてきたサドルは、「prologo kappa evo」

2016-11-27-15-00-42

2016-11-27-15-01-06

2016-11-27-15-03-13

2016-11-28-02-57-59

せっかくなので、重量を計測。「299グラム」

Prologo – Kappa Evo T2.0 サドル (クロモリレール)

Prologo – Kappa Evo Pas T2.0 サドル (クロモリレール)

このサドルで半年間くらい乗ってたんですが、慣れてきたせいもあり、なんの不満もありませんでした。自分のお尻にもやさしいし、パッドの具合が丁度いいかんじ。合ってたんでしょう。

そのために、交換予定など、なかったのですが、「出会ってしまった」とでもいいましょうか、理想のサドルに。

それがこちら

SELLE SMP composito カーボンレール

2016-11-27-17-59-45

2016-11-27-18-00-32

このサドル、パットはありません。台座を皮で覆ったもの。

レールはカーボンになります。重量150グラム!!

サイズ263mm×129mm。

重量は実測し忘れて、外すのも面倒だし、カタログ参照。プロロゴのサドル実測「299グラム」に対して、

なんと、約半分の「150グラム」

2016-11-27-18-51-51

比較すると、こんなカンジ。長さは、同じくらい。

ヤフオクにて購入。落札金額は、忘れてしまいましたが、人気の商品で、競合が激しかったと記憶してます。

このサドルが、欲しくなったのは、現在のサドルに不満があったわけではなく、単純に

「見た目がタイプ!!」

それだけの理由です。パットなしは多少不安がありましたが、この美しいファルム、デザインに惹かれ購入。

ネットで、見てみると、「消えるサドル」などと、言われてますね。セッティングがあえば、まるでサドルがないように感じるというう意味らしいです。

「ほんとかなぁ~」

サドル交換後の感想。

一年くらい、このサドルを使用してみての感想。といってもシロートなもんで、たいした事はわかりませんm(__)m

まづ、サドルの位置をいろいろ探りましたが、「ココだ!」というところは、わかりません。よってもちろんサドルは消えてません。バッチリお尻で感じてます(^-^;

プロロゴとの比較だと、プロロゴの方が乗り心地がいいです。レーパンでなくても、乗ってられます。自分はジョギング後にそのままクールダウン目的でロードバイクに乗る事があるのですが、プロロゴのときは、ジョギングパンツで平気でした。そんなに長く乗るわけではないですが。15分程度。夏限定の行為です~

セラSMPの方は、レーパンは履かないとちょっと、お尻が辛いかんじです。個人的に。ただレーパンを履いてのると、思ったよりパッドなしである事が気になりませんね。

ブラケットポジションの時は、イイ感じだけど、もっと状態起こしたポジションだと、お尻にサドルの抵抗を感じたりします。セッティングによるところなんでしょうが、自分なんかに、どうにかできるものでは、ない(⌒∇⌒)

100㌔以内だと平気なんですが、それ以上は多少不安。台座がしなりますので、それも好みがわかれるところでしょう。ロングライド向きでは、ないのかな~!?

しかし、なんだかんだいって、すごく気に入ってるので、多少の事には、目をつぶれます!!

なので、もうしばらくは、このサドルに跨ることになりそうです。

関連記事:ロードバイク紹介~KUOTA KRYON 105

やぐらは、交換予定なのですが、いまのところ、アルミレール用の最初から付いていたもので、半ば無理やり装着してる状態…

サドル交換~各メーカーからいろいろなモデルが出ているので、自分にぴったりあったサドルに出会う日が、きっと来るはず!!

それでは、安全に楽しい自転車ライフを!最後まで有難うございました!

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)