闇を切り裂け!自転車のヘッドライトはコレだ!![CATEYE VOLT800]

Pocket

2016-12-06-18-37-56

自転車のライト。さまざまの物が発売されています。安い物は100円均一なんかでも、売られています。自分はクロスバイクやロードバイクのライトをいくつか試してみましたが、なんかピンとくるものが、なく、「とりあえず、これでいっか~」そんな気持ちで使用していましたね。妥協というやつです。

自転車のライト

ライトというと、暗闇を照らしだして視界を確保する道具というものです。自転車においては、暗い中、車や歩行者などに自分の存在をアピールする役割を果たします。そのことで事故のリスクを軽減できます。その点を考慮すると、夜間はウェアも目立つ色の方が◎。

ライトの明るさ

ライトの明るさは、ルーメン、ルクス、カンデラ等であらわされます。自転車のライトの明るさは、ほぼルーメンの表記があるので、「ルーメン=ライトの明るさ」と頭に入れておけば事足りるはずです。

一般的に価格が高いものほど、ルーメンの数字が大きくなり、明るくなります。

逆にいうと、安い価格(2000円以下くらい)のものは、暗いものが多くなります。

これが落とし穴。はじめてスポーツバイクを購入する際、ライトも一緒に購入する人が多いと思いますが、その際、ライトの知識など持ち合わせてないので、とりあえず安い物を選んでしまう人が大多数では??自分はそうでした。

すぐに、その安価なライトの明るさでは、不満になり、それより少し高価なライトを今度は選ぶのですが、その明るさにも満足できずに、もっと上のクラスのものを購入する事に。

何度も買いなおすのは、ちょっと、もったいないですね(^-^;

最低でも200ルーメンのものは選んでもらいたいです。この明るさでも、自分をアピールするには、十分でしょうが、夜間、外灯の少ない地域を走行する際には、道路の状況を、しっかり確認できる明るさでは、ありません。個人差は、あると思いますが。

都会の明るい場所しか走らないという人は、200ルーメンで十分でしょうが、外灯もまばらな所を走る人は、200ルーメンでは、心もとないでしょう。路面のギャップなど確実に認識したいなら、もっと上のクラスを購入すべきです。

命にかかわる重要な部分なので、ちょっと値段は高くなりますが、そこは保険だと思ってください。

乾電池式??充電式??

好みで別れるとこもあるでしょうが、充電式を、すすめます。

乾電池はコンビニなどで売っているので出先で電池切れなどというときにも調達しやすいという安心感があります。しかし、最近のバッテリーは、小型大容量化が進んでおり、そんなに困る事もないと思います。バッテリーが取り外せるタイプのものは、予備のバッテリーをもっていれば安心。見た目も充電式のほうがスタイリッシュ!!

おすすめライト

じゃ~どれを買えばいいの??という話になりますよね。各メーカーから、いろんなモデルが出ているので、迷いますよね。

使用状況にもよるんですが、様々な状況で、まづ問題なく活躍するであろうライトを一つだけ紹介します。

CATEYE VOLT800

商品名のとおり800ルーメン。この上位機種もあるのですが、値段と明るさを考慮すれば、このモデルがおすすめ。

2016-12-04-09-59-52

上のがライト。右下が呼びに購入したバッテリー、左下が充電用のスタンド。

2016-12-04-10-05-16中に入ってるもの

2016-12-04-10-00-32

十分な明るさだと思います。

2016-12-04-10-01-06

点灯3パターン。点滅2パターン。状況により使いわける事ができます。

点灯・点滅パターン動画

ダブルクリックで800ルーメンモード!

シングルクリックで元のモードに戻ります。

バッテリー、充電スタンド

2016-12-04-10-09-07ライト本体だけで、充電できるのですが、あると便利。

2016-12-04-10-12-11

充電の際は、バッテリーをねじ込みます。

最後に

このライトの価格帯を選ばれる方は、グレードアップ目的の方が多いのでは??

最初からこのくらいのライトを買っておけば、良かったと思ってしまう自分です。

それでは、安全に楽しい自転車ライフを!最後まで有難うございました!

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)