おっかなビックリ、ダウンヒル!!

Pocket

前回、大垂水峠にサイクリングに行った記事の流れで、今回は、ダウンヒルのお話。

山は、登ったら、下る事になってます。例外とかあるんでしょうか??

人によるんでしょうが、自分は上りより、下りの方が、気分的に嫌なカンジがします。

ジョギングも下りは好きではありません。上り坂を見るとなぜか、燃えてしまい、張り切り、そして、速攻燃え尽きるタイプ(〃▽〃)

自転車の下り、なにもしなくても、結構なスピードがでます。年を重ねたせいで、動体視力も落ちて、若い時は平気だった速度域も、今では、恐怖を感じるようになってます。恐怖を感じれば、体も緊張するでしょうから、バイクの操作もままならなくなり危険ですよね。

ダウンヒルのテクニック=コーナーのテクニックといっても過言ではないでしょう。

そんな事で、「いかに速く」というよりは「いかに安全に」

峠を下るのか?

という方向性で、やっていきたいと思います。

峠を下る際のポイント

自分はオートバイに乗っていた時期あるんですが、その時感じたカーブを安全に曲がる方法は~

「カーブ手前で、曲がれるスピードまで、十分に減速する事!」

安全に下りカーブを通過するには、曲がれるスピードに減速してからコーナーに入る事。減速がなんといっても重要だと感じます!

つまんない話で、本当にごめんなさいm(__)m

これで、終わりにしてもいいくらいなのですが、他にも、いくつかポイントをご紹介。

ラインどり

車、オートバイのレースだと、アウト イン アウトが基本になります。ご存知の方も多いでしょう。コーナー手前、外側から、コーナー中、内側に向かい、コーナー終わりに外側に向かってコーナーをクリアすることをいいます。

峠は公道ですので、反対車線にはみ出すわけには、いきません!!後続の車やオートバイなどに注意して、コーナー手前で十分減速して、片側車線の半分くらいを使うイメージで、アウトインアウトを行うと、いいんじゃないでしょうか。

下りは転倒しやすいので、万が一の時のリスク回避に、後続の車などがいれば、先にいってもらった方がイイと感じます。

転倒からの後続の車に轢かれる…Σ( ̄ロ ̄lll)

乗車姿勢
重心

下りなので、自然と重心が前にいきますよね。すると人間って不思議なもので、後ろに過重をかけたくなります。自分はそうなりました。あとで、グーグル先生に聞いたところ、それは、正解のよう(⌒∇⌒)

ハンドルはどこを握るか?

後ろ過重低重心がバイクは安定するので、ハンドルは下ハンを持ちます。ブレーキ操作は必須になるので、ブラケットポジションだと、結構疲れる上に、前過重になりますね。両方試してみたんですが、ブラケットだと腕全体も緊張して疲れるカンジ。

ただ、人って同じ姿勢だと疲れるようにできているのでしょう。下ハンばっかりだと、これまた疲れるので、適当に織り交ぜるのいいと思います。ストレートで、ブラケットもって体を起こせば、体に大気を浴びる事による抵抗での減速効果もありますし。

ペダルの位置は?

右コーナーなら、右足はあげます。左コーナーなら左足を上に。アウト側の足が下死点になります。

外足に過重をかけます。イン側のペダルが上死点にあるので、万が一路面とペダルが接触して、バイクが不安定になる事を防ぎます。

ストレートでは、適当にペダルを回しておく方がいいように感じます。上りで足を使ってきて急に動かさなくなると、血液の循環がままならなくなり、心臓にも負担がかかりそうですし。

自分は、たまにジョギングをするのですが、その知識と経験により、この考えにいたってます。

たいした経験も知識もないんですけどね(^-^;

目線はどこへ向けるのか?

オートバイもそうなのですが、バイクは見ている方向に進もうとします。なので、自分がこれから進もうとする、コーナーのポイントを点でみるようにします。まづ入口、そしてクリッピングポイント、そして出口。というように視線を向けるのがいいのではないでしょうか。

顔は地面と垂直に!

ブレーキのかけ方。

重複になってしましますが、いまいちど!!

コーナーの手前で、曲がれるスピードまで十分減速します。

コーナー中は、ブレーキを使いません!!

タイヤ

タイヤも重要な要素。直接地面に接地しているタイヤですから、グリップ力の高いものを選びたいですね。

 

軽くまとめますと、コーナー手前で十分減速し、低重心、後ろ過重、ペダルはアウト側に過重、目線はポイントを点で追う。

落車の多くがが下りで起きています。安全に対するマージンを十分とりたいものです。

それでは、安全に楽しい自転車ライフを! 最後まで有難うございました!

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です