クロスバイクをブルホーン化!!シマノ105でキメる☆

Pocket

クロスバイクのブルホーン化にあたって、いくつかのパターンが存在するのは、以前の記事で紹介させてもらって、最終的に、今ついているブレーキやシフターが、そのまま使える径のブルホーンバーを購入して、とりあえずブルホーン化してしまうのが簡単だし経済的だし、かっこいいし~。そんな感じの内容でした。

でもね、趣味の世界って 「簡単だから」とか「安いから」とか関係なくなりませんか~??

どっちかというと「手間をかけたい」そんな方が、数多く存在してらっしゃいます。

なぜに、この事に気づいたのかといいますと、以前の記事で、Amazonさんのへのリンクを張らせてもらっているのですが、ブルホーンハンドルだけでなく、シマノのデュアルコントロールレバーを購入していただいてるのを確認したからです。

デュアルコントロールレバーにするという事は、ブレーキの引きしろの問題もありますし、ほかにもワイヤーも新たに購入することになりますし、時間もお金もかかります!!

でもね、

「趣味って、そういうもんじゃね??(⌒∇⌒)」

どうせなら!!

なんか見出しのタイトルが思いつかず微妙なタイトルになってしまいましたが、

どうせ、ブレーキやシフターをロード用のレバーにするのなら、いっそ、クランクやディレイラーもバージョンアップしてしまうのが、今後の事と、事故の満足度を考えると、おすすめなのでは、ないかと思いついていまいまいました。

シマノのコンポ

シマノのロード用のコンポは、下位グレードから、

クラリス➡ソラ➡ティアグラ➡105➡アルテグラ➡デュラエース

となってます。今、これを読まれているアナタは、よくご存じかと思います。なんせ自転車をブルホーン化してしまおう!という強者でしょうから(⌒∇⌒)

個人的な意見を申しますとですね、クロスバイクにインストールしていい、最高グレードは「105」

と思います!!頑張って「アルテグラ」。もちろんデュラ様をぶちこんじゃっても、いいんですが、クロスバイクは、自分の場合、駐輪することも多々あるので、盗難のリスクを考えてしまいます。

シマノ 105がお得!

現在のシマノ105-5800は、11速!!ギアをクロス化!!

はい、そんな事でですね、アナタのバイクにインストールするのは、105できまったとして~(⌒∇⌒)

なぜに、105がお得なのかを、自分なりに解説してみます。すぐに終わるので安心してください。

とりあえず、ブルホーン化にあたって、105のコンポをグループセットで買ってしまいます!!

前後のブレーキは、クロスバイクには、付きませんので、そこはミニVブレーキで。個人的にはVブレーキの利きかたが好きなので、ロード用のレバーのとの組み合わせが気になります!!

でね、キャリパーブレーキが、あまるでしょ??なんか、もったいない??と思うでしょう??しかしね、

「趣味って、そんなもんじゃね??(⌒∇⌒)」

とか、言っても、納得されたアナタ!きっといい人に違いない!!

心配いりません、無駄にしません。

この、キャリパーブレーキは、アナタが今後、ロードバイクを買うときに、使います。

はじめて、ロードバイクを買われる方は、完成車を選ぶ方が大半ですが、アナタはすでに、105をセットもっています!!という事は、同じ予算で、ロードバイクのフレームとホイール、その他少々を買えば、フル105の高性能バイクが手に入るという流れです。

ワイズロードにたま~に行くのですが、お得感半端ないフレームとか売ってたりするんですよね~、欲しいけど、家庭円満には、かえがたい(^-^;

こんな感じのながれを想像すると、ワクワクしますね~。クロスバイクのフレームから、ロードバイクのフレームに変えたとき、感動するでしょう~フレームでこんなに違うのかと!!どっちが、いいとか悪いとかじゃなくね。

Shimano – 105 5800 グループセット

海外通販がお得ですね。海外通販がはじめてで不安な方のために~購入方法はこちら

海外通販で一番有名であろう「wiggle」での購入方法について、解説しています。

解説といっても、大したものでなく、日本の通販の感覚とほぼ一緒です~

Shimano – Ultegra (アルテグラ) 6800/105 5800 Hollowtech II

パーツ類だけでは、なく工具も必要になってきます

自分のバイクにあったものを購入しましょう。

日本製のシマノの製品が海外通販の方がお得に買える状況って、どういう事なんでしょうね??

あくまで、クロスバイクの105化は提案であって、自分が想像したもの。実際におこなったわけでは、ないので、自己責任で、おたのしみください~

関連記事:簡単!クロスバイクのブルホーン化!

それでは、安全に楽しい自転車ライフを!最後まで有難うございました!

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)