cateye サイコン 電池交換~

Pocket

先日の日曜日、天気予報だと最高気温10度以上になる1月下旬にしては、暖かくなるカンジだったので、自宅から50㌔ちょいの埼玉県大里郡寄居町を目指し、サイクリングへ。なんでまた寄居町かといいますと、かつて仕事でおとづれたことがあるので、なんとなく目的地にしてみました。

出発して、ほどなくすると、サイコンの画面が点滅するではないですか!!

直感で電池切れだと気づきます。生まれて初めてのサイコンの電池切れです。自転車は5年ほど前から乗っているのですが、サイコン導入したのは、1年前(^-^;

電池はAmazonにて、かつてまとめて購入してツールボトルにいれてあるはず。

パナソニック CR2032 4個 リチウム電池 Panasonic

小腹も空いていたので、栄養補給がてら、コンビニにより電池交換をすることに。

そして、ツールボトルを開けてみると、入ってるはずの電池がない!!

そういえば、予備のライトがボタン電池なので、交換したのを思い出しました(´;ω;`)

しかたないので、コンビニで電池を購入することに~。ある程度、値段高めなのは、想定してましたが、二個入りで、なんと500円オーバー!!でも、まー仕方ないので、購入。

キャットアイ CC-RD420DW 電池交換

サイコンを外し、裏蓋をあけます。

ん??電池が見えない!!さらに蓋があるではないですか!!きっと電池はこの奥!そして、この黒い丸い蓋を外すのに悪戦苦闘することに。

まづは、親指を押し付けて、回してみます。

「おっ 回るし!」

「て、事は、ネジになっているんだな!」

この時点では、電池交換は、あっけなく終了する予想。

でもね、とこがね、回せど、回せど、蓋が上に上がってこない(; ・`д・´)

逆に回したりしてみても、ただ蓋がクルクルまわるだけで、とてもネジっぽくない。

「これは、ネジでは、ないな!」

と気づくのに少々の時間を要してしまい、ちょっと焦り気味。

右手でサイコンを持ち、左手の手のひらに、打ち付けて、外そうと心みますが、何度やっても、黒い蓋は現状維持!このまま続けては、左手が持ちません!

途方にくれてしまします。

「別に、サイコンなんか、いらなか~。電池交換は帰って、説明書でも見よ」

と、諦めかけたそのとき、

「ん??押してみるか??」

苦肉の策。しかし、一筋の希望の光でもありました。

「おっ 蓋、持ち上がったし!!(⌒∇⌒)」

蓋の周りのオレンジ部分はゴムっぽくパッキンになっている模様。防水のためでしょう。

ここまでくれば、あとは、古い電池を取り出し、新しい電池を入れるだけ。

無事に電池交換終了いたしました~。予想外の出来事に時間をとられてしまい、15時には帰宅して妻とデート予定だったので、予定していた県道30号線で寄居町に行くのをあきらめて、越生町を過ぎてときがわ町に入ってしばらくしてUターン。

コンビニで栄養補給中に

自宅付近に戻ってきての多摩湖自転車道路をジョギングしているはずの妻を捜索がてら、クールダウン。予定どおり15時過ぎには、帰宅できました。

この後、子供に久米川駅まで車で送ってもらい、5件のはしご酒とあいなりました(⌒∇⌒)

いつかはガーミン!!

最後に

サイコンの電池交換で、まさか、こんなに手間取るとは(^-^;

知ってる人には、なんて事ないんでしょうけど…

それでは、安全に楽しい自転車ライフを!最後まで有難うございました!

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)