悩ましい!!シマノ11速スプロケット歯数選択!!

Pocket

今現在、使用しているスプロケットは、シマノ105-5800の12-25t

これは、 kuota kryon を購入したときに最初から付いていたものを、1年半以上、そのまま使っています。

この12-25tの歯数構成。今のところ、ほぼ不満を感じません。コンパクトクランクなので、そんなに激坂でなければ、なんとかなってます。ヒルクライムを目的としていないせいでしょう。

たしかに、もう一つ軽いギアがあれば、楽だな~と思う瞬間は、あるんですが、なければないで、なんとかなるもの。世の中ってそんなもんです。たぶん(⌒∇⌒)

しかしですね、特に必要と感じないパーツなのですが、なんていうんですかね~「パーツ交換したい欲」「カスタム欲」というのでしょうか、そんな欲がありまして、その中で、スプロケット交換は、比較的安価。

どうせ、交換するなら、歯数構成の違うもの11-28tせっかくなのでグレードもあげてアルテグラ。

なんか、峠に行きたい気分にさせてくれます!28t!!

しかし、トップの11tって、自分は、かなり使用頻度少なそうです。ついてて困るもんじゃないと思いますけど、ぶっちゃけ、なくても困らない(⌒∇⌒)

そうなると、12-28t。しかしこの構成は、今現在、デュラエースにしか存在しません。2万くらいしてしまう高額商品。無理~(^-^;

リペアパーツを使って、105やアルテグラで12-28tを作っている人もいますね。これは、実際、自分が作ってみた時に記事にしたいと思います。非常に興味あり!!

ジュニア用のスプロケで14-28tという構成もあるのですが、トップにチェーンが入ると、シートステー、チェーンステーに干渉しそうな感じ。28tがあってクロスしている自分には魅力的な構成なのですが、こわいので見送ります~

シマノスプロケ12-25tと11-28tの歯数構成。

11速もあるので、12-25tから11-28tにワイド化しても、そんなに間が抜ける事はないので、28tがほしければ、まづ問題ないと、サイクリング目的の自分はは思います。

12-25t 12-13-14-15-16-17-18-19-21-23-25

11-28t

11-12-13-14-15-17-19-21-23-25-28

赤い数字が、お互いの構成にない部分で、文字が大きい部分が歯数が二つ跳び以上になっている部分。こうやって、あらためて見てみると、12-25tの方が細かくギヤを変えていけます。よく使うあたりで、2個跳びになると、どうなんでしょう。ただ思い返してみると、シフトを2タップする場面が自分は多いような気がします。ワイド化すれば、これが1タップで済みますね。しかし、12-25tのクロスした構成は、まさに痒い所に手が届くといった感じです。

自分のクロスバイクは9速なのですが、ソラ12-25tからティアグラ14-25tに変更してあります。トップをすてて、真ん中をクロスさせてます。この方が街乗り、通勤には、自分にあってました。

関連記事:オススメ!2013カメレオンテ4sora3500スプロケット交換!!

ちなみにデュラエース12-28tの歯数構成

先にも言ったように、この構成は現在のところデュラエースのみ。

12-28t 12-13-14-15-1617-19-21-23-25-28

トップの11tがないかわりに、16tがある。なんか、これが一番自分にあってる気がします。いまのところ~。

平地巡行メインだし、大した坂は上らないし、万が一の時のためのローギヤ28tが欲しいだけなので。

スプロケット交換には、専用の工具があると便利

交換作業に自信がない方はショップで工賃を支払い、頼むほうが間違いないかと思いますが、

用途によってスプロケを付け替えたりするなら、工具は持っていた方が便利でしょう。

自分はこれを使っています。ま~出場機会にはめぐまれていませんが(^-^;

最後に

結局ないものねだり的な事もあるかと思います。今使っているスプロケの歯数構成とは、違うものを試してみたい、そんなカスタム欲。ほかの方のブログや、使用レビューなどをみていると、そう感じます。

28tとか、ついてると、なんか坂に行かなければ、いけないような気分になりそうです。また、それはそれで、楽しそう!!

それでは、安全に楽しい自転車ライフを!最後まで有難うございました!

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)