必見!!チェーンを105からデュラエースに替えてみた!!チェーン交換。

Pocket

前回は、デュラエースのプーリー交換の、お話でした。

今回は、そのプーリーと、一緒に購入しておいた、チェーンを交換してみます!!

デュラチェーン!!

チェーンピン 二個付属~

SIL-TEC

シマノの表面加工の技術。フッ素加工で、システムの性能を向上させる。

シマノのホームページの解説にそんな事が書いてあります。

この、フッ素の表面加工。

チェーン洗浄の際、速乾性のクリーナーのような、強いものでは、そのフッ素加工が、犯されてしまい、効果を失うらしい。

なので、中性洗剤での洗浄が推薦されている模様。

ためしに、食器用洗剤で、洗ってみたのですが、なかなか、すんなり、汚れは、落ちませんでした~

チェーン交換!!

交換の工程は、既存のチェーンを専用工具で切り、新しいチェーンを長さを合わせて、それを、とりつけるだけ。

簡単です!!たぶん!!

さっそく、いってみましょう~

チェーンを切り離す!!

前回も紹介しましたが、チェーン作業等、手が汚れそうな作業は、ワークマンのグローブを愛用しております!

赤丸、コネクトピン

コネクトピンに、チェーンカッターをセット。

コネクトピンを押し出すように、チェーンカッターのハンドルを回します。

無事に切断終了。

画像のチェーンをつないでいるワイヤーは、チェーンカッターに付属してました。

 

新しいチェーンを、コマ数を合わせて、切断。

チェーンを正しくセットし、チェーンピンを入れます。

チェーンカッターで、押し込みます。

チェーンのコマの表面と、面イチに、なるように。

工具のハンドルを回していると、手ごたえがあるので、わかると思います。

この部分を、ペンチなど、適当な工具で、おります。

チェーンカッターでも、折れるようになっていると思います。

あとは、チェーンの余分なオイルを、ウエスで、ふきとって、

完成!!

交換してみた感想。

既存の105のチェーンは、多少のびていました。

そして、前回の記事にもあるように、プーリーも、デュラエースに交換済み。

その上での感想になります~

交換して、手でクランクを回し、変速具合を確かめました。

すぐに、その変速の滑らかさに気づきます!!

あきらかに、違いがわかります!!

のびたチェーンと、新品のチェーンなので、違いは当然といえば当然なのですが、

それを、ふまえても、格段に変速がよくなりました!!

交換して、200キロくらい走りましたが、なんとなく、ペダルも軽く、滑らかにチェーンが回転しているような、気がします~

チェーンの交換時期

乗り方にもよるのでしょうが、一般に5000キロが目安とされているようです。

チェーンチェッカーなるチェーンの伸びを計測できる便利なものも、発売されていますので、

そういったものを活用するのも、いいですね!!

最後に

このチェーンを買ってから知ったのですが、クイックリンクが付属している

シマノのチェーンが発売されています。

お好みで~

それでは、安全に、楽しい自転車ライフを!!最後まで、ありがとうございました!!

友だち追加

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。